個人再生におけるアフターフォロー

その1 個人再生認可後も継続して代理人となります。

弁護士や司法書士の中には個人再生認可後直ちに代理人を辞任し、その後返済が遅れた場合には直接本人に債権者からの督促が入る場合があります。それでは依頼者に無理な再生計画を押し付けたと思われても仕方ありません。
当事務所では履行可能性を十分に見極めて適正な再生計画を提出します。

その2 延滞の場合の債権者からの督促を代わりにお受けしてご連絡します。

継続して代理人となりますのでもし万が一延滞した場合でもご本人に直接債権者から連絡が入ることはありません。弁護士が間に入って双方と連絡を取るので安心です。
但し、連絡が取れなくなったり何度も返済が遅れるようであれば申し訳ありませんが辞任させて頂く場合もございます。

その3 その後の手続費用は低額な費用でお任せ頂けます。

個人再生をしてもその後の状況の変化で返済が難しくなることはよくあることです。
再生計画の変更や再度の個人再生、自己破産の手続を取らなければならないときは費用については相談させて頂きます。